嬉しさの裏側に見え隠れするもの。

なぜかいつも恐れが押し寄せくる。

お仕事のご依頼をいただくと、心は踊りワクワクします。一瞬で世界がパーッと明るくなるのを感じるのです。そして、同時に感謝の気持ちも湧いてきます。

でも、そんな気持ちとは裏腹に急に怖いとか不安な気持ちがブワーッと大波のよう押し寄せてきて飲み込まれて溺れそうになるのです。

私なんかがいいの?

出来るはずないのでは?

うまくいかなかったらどうしよう?

嫌われちゃったらどうする?

次から次とそんな想いばかりが浮かんできてしまうのです。

起こってもいないことを心配しても仕方がないのに。

そんな風に起こるかどうか分からない未来のことをあれこれと心配していては疲れてしまいます。

子どもたちには、「起こってもいないことを心配してどうするの?」なんて言ったりしているのに、自分のこととなると本当に自信がなくなってしまうのです。

そんな不安な気持ちはきっとお客様にも伝わってしまいます。

元気になりたいのに、心配ばかりして心穏やかでない人には任せられないですよね(笑)

そんな時は原点にかえります。

なぜ仕事としてやろうと決めたのかというところに…。

私には責任があるから怖くなる。

お仕事をするには勇気を出して一歩踏み出さなければなりません。

こうやって文章を書くこともその一つです。

サロンに来て下さる方、ストレッチ教室に来て下さる方、このブログを読んで下さっている方に対して私は責任があると思っています。

身体を触ることや、文章を書くこと、自分をさらけ出すということは本当に勇気がいることです。

今日もドキドキ、勇気を振り絞りながら書いています。(汗)

真剣な気持ちで考えているから、失いたくないから怖くなるのです。

完璧でなければならないという思いが出てきてしまって、そして、完璧でない自分を目の当たりにして自信を失ってしまうのです。

学び、成長し続ける私でありたい。

建物を作る時、わざと模様を逆さまにしたり、未完成にしたままにすることがあるそうです。

なぜなら、

「建物は完成した瞬間から崩壊が始まる」と言われことがあるから。

人間も同じだなと思います。

「完璧」だと思った瞬間に学びは終わり、成長も止まります。

私は脳の手術をした時に思ったことがあります。ちょっと大袈裟かもしれないけれど「何か生きた証を残したいな」と。

その時から6年ほどが経ち、今ようやく自分のやりたいことを見つけることが出来ました。

やりたいことをみつけられて、私は運が良かったと思います。

小さな頃、保母さんや学校の先生になりたいと思ったことがありました。

それは実際には叶わなかったけれど、今、別の形で「先生」と呼ばれる仕事が出来ていることに正直驚いています。

この先、私がどんな未来に向かってあるのか分からないですが、未来の自分が楽しく笑っていられるように、「今ここ」で頑張っていきたいと思います。

リンパアクティベーションについて

ご予約はこちらから

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA