0から1にする難しさ。

イオン平岡店内にある札幌カルチャーセンターで、LAストレッチの体験会をさせていただきました。

ちなみにLAとはリンパアクティベーションの略です。ロサンゼルスではありませんので(笑)

体験会には4名が参加して下さり、その内の半分の方がお帰りになる際に4月から開講のストレッチ教室に申し込みして下さいました。

えっ?たった2名?

と思われるかもしれません。

確かに少ない人数ですよね。

でも私にとっては2人も申し込んでくれた!なんです。

ここまで来るのに2年かかりました。

札幌では私一人しかいないLAストレッチインストラクター。

しかも私は引っ越しで札幌に来たので知り合いもいない…。

「こんなことやれます」ってなかなか言えなくて1年が過ぎました。

こちらに来てから仕事を通じて知り合った人達がどんどん活躍していくのを、いじいじしながら見ていました。

「私は人見知りだし、どうせあんな風に出来ない」って…。

おかしな話ですよね。

誰かの助けになりたい、みんなを元気にしたいって思っているのに行動しないなんて。

だから、自分でやれることはやろと思ってやってみました。

結果がどうなるかなんて分からないけど、「やりたいです」って自ら区役所やカルチャーセンターにメールを送ったのです。

本当に0から1です。

まずは1歩進みました。

私にとってはすごく勇気がいることでした。

拒否されるやことは本当に怖いです。

でもやらなくちゃ進めません。

でも、やってみたら受け入れ下さる方もいて嬉しかったです。

だから、1人でも2人でもたくさんでも関係ないのです。

ただ誠意を込めて精一杯やるだけなんです。

その気持ちはずっと忘れずにいたいと思っています。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA